注目の記事 PICK UP!

大学公開講座「女子学概論」

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

8月18日(金)〜20日(日)、3日間連続の公開講座です。
八洲学園大学(横浜)在学生だけでなく一般の方もご受講いただけます。
※インターネットのみでの受講も可。

じつは、「女性学」というものに少し違和感を覚えています。アメリカで生まれた女性学が日本へ入って来たときから、なぜか被害的な学問となり、女性はいつも被害者であり男性がいつも悪者のようになっているのではないかと感じています。

近年「女子力」がさまざまな場面で語られています。
「女性」でもなく「女」でもない「女子」は日本独自の概念でもあります。10代、20代といった若い世代だけでなく、日本では40代女子、50代女子といった言葉も見受けられます。
女性として生まれたご自身を真摯に受け止めることができるよう、また、ご自身の価値観を大切にしたうえで幸せを感じて生きられる方法を「女子学」で学んでいただくことができます。テキストの上だけでなく日常の中で活用できる講座内容です。
家族、恋愛、結婚、仕事、社会貢献、さまざまな場面で「女子」としてのパワーを活かしていきましょう。

【講座詳細と受講お申込】は、八洲学園大学にお願いします。
http://www.yashima.ac.jp/…/ext…/course/2017/04/post-507.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 当事者が語る「LGBT理解のために杉田水脈は使える」理由

  2. 日本の「女子文化」が世界の女性を変えつつある?

  3. 「女子力」をめぐる議論と「ガールパワー」の真の意味。

  4. 女性の心と身体(2)更年期は乗り越えなくても大丈夫…..対談:対馬ルリ子&勝 恵子

  5. スマホアプリで婚姻・離婚届を購入するわけは?

  6. オヤジたちよ。大手町女子を解放せよ!

  7. 【PR】虐待児童のリアルな声を伝える本。事前購入して子どもたちを救おう。

  8. ハイスペック女子はなぜ風俗で働くのか?

  9. 女性の心と身体(1)女性ホルモンによって揺れ動く…..対談:対馬ルリ子&勝 恵子

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。
  2. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?
  3. 女性活躍推進の「見えない壁」とハイスペック女子問題
  4. 「愛される女性」という表現に覚える違和感
  5. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。
  6. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。
  7. 中高生がハマる昭和歌謡の変遷と女性の社会進出
  8. 電車で化粧はみっともない?東急電鉄広告炎上事件を考える。
  9. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。
  10. 新型コロナウィルスから身を守るために

女子論

PAGE TOP