注目の記事 PICK UP!

女性のキャリアを考える”美しく生きる”を選択する

ユニリーバ社提供の「Choose Beautiful」動画。

これを観て、何を思いますか?

「Average(平均的)」or「Beautiful(美しい)」どちらの扉を選択しますか?

どう生きるか選択権を持っているのは一体誰か。
それは「自分」です。

「Beautiful(美しい)」を選ぶことが正しいとか偉いとかではないです。

ただ、一度きりの人生、せっかくだから「美しく生きる」を選択してもいいのではないでしょうか。
誰もが選択の自由を持っています。
美しく生きるを選ぶための条件はありません。
ただ、扉を開けて一歩踏み出すだけ。

扉を開くことができない人、扉を開いたけど一歩を踏み出せない人、いると思います。
なぜ?と聞くと皆さん口を揃えて、
「自信がない」とおっしゃいます。

続けて聞きます。では、いつ自信がつくのか?どのように自信をつけるのか?
「経験をすると自信がつく」とおっしゃいます。
どの期間、何を、どのように経験すればそれがどれくらい自信になるのか?

人生は思っている以上に短いです。
自信をつけている間(経験)に目の前の扉(チャンス)が去ってしまうこともあります。
不安があるし、100%自信があるとも言えない。
でも、とりあえずその扉を開けてみる、そして一歩踏み出してみるのも経験です。
それが、自信につながるわけです。

誰もが「美しく生きる」選択肢を持っています。
せっかく女性に生まれ、選択できる環境にいるのだから、
「美しく生きる」を選択しませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大野理恵

ガールパワー専務理事
 「多様性を育み、企業と個人に活力を与える」ことをビジョンに掲げ、
2013年株式会社ウィンフィニティを設立、教育コンサルティング事業を行う。多様性を育むための、キーパーソンである女性の活躍を後押しすべく、働く女性に向けたコーチングをこれまでに1000名以上行う。社会で活躍する女性が抱える悩みに直面し、一人でも多くの女性がより豊かな人生を過ごすためにサポートを行う。2015年ガールパワーに参画、専務理事に就任。

関連記事

  1. ミセス・ワールド世界大会に出場して見えた「日本女性の課題」

  2. NYで勝負する日本人クリエーターに学ぶ、世界との戦い方

  3. タイのプミポン国王のご崩御に関しての感慨

  4. 国際ガールズデーだから伝えたい「女の敵は女」にしないでほしい。

  5. シリコンバレーの子育て事情〜学校教育編〜

  6. 金子恵美議員の保育園送迎問題に見る「お母さん幻想」と「母の呪い」

  7. なぜ女は子供を産みたいと思うのか

  8. 働き女子に伝える、最も重要だが誰もできていないビジネススキルとは?

  9. 三船美佳さんが財産分与の申し立てをした本当の理由は?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  2. 電車で化粧はみっともない?東急電鉄広告炎上事件を考える。
  3. 若手社員の過労死を防ぐ、上司のための「電通鬼十則」。
  4. 西野カナの曲は女子力を上げるのか?
  5. ITにおいて理系女子よりも文系女子が最強説?!
  6. 女性が活躍しないとヤバイほんとうの理由は「労働人口の減少」ではない。
  7. メルカリで現金「5万円」を「6万円」で買う人たちと坂口杏里のことなど
  8. 誰も書かない福山雅治主演「ラブソング」が爆死した本当の理由。
  9. 「自分」について語れる女性になろう!
  10. 結婚志向のハイスペック女子は「逃げ恥」と「東京タラレバ娘」から何を学ぶべきか?

女子論

PAGE TOP