注目の記事 PICK UP!

女性の心と身体(4)50代をいかに生きるかが大切…..対談:対馬ルリ子&勝 恵子

◎閉経後の生き方を作るのは私たち自身

 女性の寿命が延びたことによって、閉経時期は変わらないのに閉経後の年数が長くなったといわれます。長くなった閉経後の生き方を考えなければならない時代になりました。どうしたらいいのでしょう。

対馬 正解はありません。欧米は日本よりずっと前から高齢化していますし、女性が働くことも一般化していますが、現在は日本のほうが圧倒的に長寿社会になっています。女性にとって80代以上のQOL(Quality Of Life)をどう実現するかというのは、まず日本人の問題です。
今の日本の女性の現状は、死に至る最後の13年間を幸せとは感じられず過ごしている現状です(不健康期間)。認知症、骨粗しょう症、フレイル( 健康な状態と要介護状態の中間に位置し、身体的機能や認知機能の低下が見られる状態)等、まったく楽しくない状態で約13年間を過ごさなければならない状態です。それをどのように予防できるかクリアできるかを、私たちが実証しなければなりません。

 今50代、60代の私たちがどのように生きているかによって、女性の未来が託されているわけですよね。

対馬 私たちが未来の13年間を少しでも変えていくことができるよう、最後の70代、80代を若々しく楽しい人生だったと感じられるよう、楽しく生きて世界中のお手本となりましょう。

 未知なる挑戦ですよね。日本女性の平均寿命は87歳で世界トップクラスですが、健康寿命は75歳。これから高齢となる私たち世代の課題ですね。その中で女性ホルモンを使っておくことも大切なのでしょうか。

対馬 学術的にも、50代の女性がホルモン補充療法を使うことで、後々まで認知症が減少する、骨粗鬆症による骨折も減少するというデータが出されています。ヨーロッパの女性はホルモンを長く使いますが、目的としてはカップルの生活を楽しむためや美容のため、健康のためです。ヨーロッパの文化ともいえます。
日本人も、50代の女性が固い殻を脱ぎ捨てて、もっと柔らかく美しくなると、ホルモンも漢方も美容技術も使えて、将来の70〜80代を楽しめると思います。

◎人生は「アムール」のためにある

 たとえば、恋人をつくるというのはいかがですか。

対馬 もちろん大事です。ディスカッション好きなフランス人は、人生は何のためにあるのか度々話し合い、「人生はアムールのためにある」と言います。
恋人だけでなく、家族も友人も含めての「アムール(愛)」です。人は人生を楽しむために産まれてきて、最後まで人生を楽しむという強い決意に似たものがフランス人のライフスタイルに存在しています。

日本人も、生を受けた意味、生きる価値・目的を考えておいたほうがいいですよね。

 75歳以上の後期高齢者世代の女性に尋ねると、「人生においてもうやることがない」とおっしゃる方があります。「子育ても終わったし」と言うんですね。

対馬 「子育ても終わったし」という言葉は、自分の人生が子育てのためにあると思っているからでもありますが、子育てって50代で終わりますからね。しかも中には、子どもにさんざ手をかけて、ある意味ろくでもないオヤジを育ててしまい、そのオヤジがセクハラをしたりするわけです。

 女性がもっと自分に興味を持って自分のことをすればいいのに、なぜだか人のお世話ばかりしている日本の女性が多いですよね。

対馬 やみくもにお世話するのではなくて、自分自身が豊かになり、快適であり、エネルギーがいっぱいと感じられる時に、それを人に分けてあげればいい。よくある更年期のパターンとして、自分のことは置いて、他者のため人のためにと奔走しては苦しんでいる人があります。彼女たちが抱える悩みは、親のこと、夫の浮気、娘や孫が言うことをきかないという、すべて他者にかんする悩みであって、「あなた自身は?」と尋ねることもありますよ。

 親も夫も子どもも、大切ではありますが、自分自身の悩みではありませんよね。更年期で悩む彼女たちはどうしたらいいのでしょう。

対馬 更年期の不快症状は、これをなんとか変えなきゃというきっかけにすることができます。50代に苦しい思いをして、そこで変わるきっかけにもなりますよね。

 今の50代はワガママな人も増えていると感じますから、昔の日本女性より自由度が高いのではないかと思うことがあります。

対馬 私の妹はバブル世代ですが、子育て終わってまたバブル期と同じになっていますよ(笑)。パリピになって、ロングドレスを着て楽しんでいます。もちろんそれも良いことですが、ただ楽しいだけでなく、もう少し進歩して、社会のために、世界のために、次世代のためにと、人間として成熟した次の発達段階があればいいなと思います。

 それを行わせていただいているのが私たち「Girl Power」でもあります。10代、20代の女性に伝えていきたいと思います。男性が作った組織の中で言うなりになるのではなくて、自分で決めることができる女性に増えていただきたい。

対馬 今の日本は男性も女性もみんな頑張って、くたくたになるまで働いて、女性は疲弊し、出産を機に辞める人もあります。かたや男性は、休む間もなく頑張り続けて過労死したり。いずれにしてもただ頑張るだけでは楽しくありませんよね。

◎仕事を続けるためにも大切な「ゆらぎ」

 

 対馬先生がおっしゃっていた、女性には「ゆらぎ」があるからこそ仕事も長く続けられるこという視点が大切ですよね。

対馬 子育て期ペースダウン、更年期ペースダウン、また別の負荷がかかったときにはペースダウンしていいんです。逆に、仕事をがんがんやりたいときは仕事に集中する。そういった感じでゆらいで、緩急付けて続ける仕事でしたら、楽しむこともできます。
男性だってそうですよね。休んだこともなければ、他の世界を見たこともないまま仕事だけに邁進し、引退すると何もすることがなくなって妻の後追いをする「濡れ落ち葉」になるのは気の毒ですよね。

 女性は月経によって心身共に変わりますよね。たとえば仕事で大事なプレゼンを行うときは身体やホルモンの状態がいい時に行うとか、コントロールできるといいのにと思います。

対馬 多くの女性は、まわりに自分を合わせて働いていますが、自分にまわりを合わせさせてもいいと思いますよ。女性も個々それぞれ違いがありますから「私はこういう状態で仕事をしたほうがいい仕事ができます」と言えばいい。
体調の悪さを言葉にしないまま、イライラやぼーっとしている面を職場で表してしまうと、なんだか変な人と思われかねません。それは不幸なことです。

 まわりが女性の更年期に理解がないために、「変な人」と誤解されたり人格の問題とされてしまうわけですね。男性に理解してもらうためには、やはり子どもの頃からの教育も必要だと思います。

対馬 私立中学に出向いて「ライフサイクル講座」を行っています。10代の身体のしくみやホルモンについてだけでなく、今後大人になり身体はどうなっていくのか、人生のステージの変化を伝え、更年期があり、出産できなくなり、その後の人生といった、100年人生から今現在を語ることによって、10代のときに行うこと・気をつけておくことを知って、適切な年齢での出産を考えてもらう。

 素敵な授業ですね。私立中学だけでなく、ぜひ公立中学のカリキュラムにも入れていただけるよう、対馬先生から文部科学相にお話してください。

対馬 政治家から言わせると、民間から求めている内容が明確に上がってこなければ政治家は何もできないと言います。

 では、対馬先生とガールパワーで、政府に提言させていただきましょう。

対馬 女性が子ども産める、活躍できる、幸せな人生を送るために大切なことですと伝えていきたい。それは、前エコノミスト編集長ビル・エモット氏の著作『日本の未来は女性が決める』にも書かれています。日本は今がけっぷち、少子高齢化で生産人口も減少している。国のパワーは、人数だけでなく活力ある暮らしのできる社会でなければ国は消滅してしまいます。

女性の心と身体(5)へ続く
女性の心と身体(1)

#対馬ルリ子 #勝恵子 #女性ホルモン #女性の心と身体 #ガールパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 女性が活躍すると不倫は増える? 山尾議員のダブル不倫疑惑に思うこと

  2. 「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

  3. 外見も性格も年収も悪くないのに、彼女ができない本当の理由

  4. 「愛される女性」という表現に覚える違和感

  5. 女子力のあがるレストランへ行こう!ビストロ編〜中目黒エリア〜

  6. 女性の心と身体(1)女性ホルモンによって揺れ動く…..対談:対馬ルリ子&勝 恵子

  7. Child Marriage 映画『ソニータ』

  8. 美しい笑顔でプロフィール写真を撮影する

  9. 金子恵美議員の保育園送迎を批判するオヤジどもは全員駆逐しろ!

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 結婚志向のハイスペック女子は「逃げ恥」と「東京タラレバ娘」から何を学ぶべきか?
  2. 「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏
  3. 当事者が語る「LGBT理解のために杉田水脈は使える」理由
  4. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?
  5. ヴェールをかぶるのは強制か意思か
  6. ”恋する心を語り尽くす”恋愛&結婚トークライブ
  7. 大学生に告ぐ。真の職を見つけたければ就活をやめよ!
  8. ルペン敗北はほんとうにフランスの良識の勝利だったのか?
  9. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。
  10. 女性が活躍しないとヤバイほんとうの理由は「労働人口の減少」ではない。

女子論

PAGE TOP