注目の記事 PICK UP!

◆お金◆女性が自分自身で考えなければならない時代

すべての人がその人生において、「お金」は生活するうえでとても大切なものです。

「人生100年時代」「年金2000万円問題」という話題が出されてから、将来のお金について考える方が増えてきました。それでも、仕事・家事・育児と忙しい毎日を過ごしていると日々の出来事に追われてしまい、漠然とした不安はあるものの「面倒だから」「なんとかなるのではないかな?」と、お金の問題と向き合うことを後回しにされている方が多い気がします。

「なんとかなる」というスタンスで本当に大丈夫でしょうか?

・このまま給与が変わらず物価が上がり続けたらどうしますか?

・可愛い子供のためと教育資金を惜しみなく使った結果、自分たちの老後生活費を貯めることができていなかったら?

・病気や障害などで働くことができなくなってしまったら?

・結婚や離婚で生活が大きく変化してしたら?

・想像していた以上に長生きをしてしまったら?

ネガティブなことだけでなく、本来幸せである変化も含めて、人生にはさまざまなリスクがあります。そのなかでも、女性は「特に」きちんと自分で将来にむけてお金に向き合って対策しておく必要があります。

大事なことは、きちんと現状を把握して、将来の資産設計(ライフプラン)をたてておくこと。経済的に何があっても自立できるための基盤作りをしておくことができれば安心ですよね。

◆ライフプラン◆一度きりの人生、どんな未来を描きますか?

あなたの未来を自由に描けるなら、どんな人生を送りたいですか?

これからの未来、どう生きるか、どのようなプランにするかはあなた次第です。

自由にプランニングすることができます。

何事もお手本って大事ですよね。料理も美味しく作るためにレシピがあるように、人生もご自身が歩みたいライフプランを作っておくことが、とても大事です。

例えば・・

  • お子様:どんな大人に育ってほしい?どんな教育を受けさせてあげたい?
  • マイホーム:戸建て?マンション?いつ購入?どのエリアに住む?
  • キャリア:どんなキャリアプランにする?起業?パートタイム?退職時期は? 
  • 趣味・娯楽:人生を楽しむプランは?どこに旅行したい?
  • シニアライフ:どんな生活を送りたい?リタイア後の楽しみは?

これらをさまざまイメージしながら数値化して、現在の収入と支出から未来にかかるお金の全体像を作って収支計画立てるのがライフプランです

現状をしっかり把握し、将来のライフプランをたてておくことで将来にむけて早い段階からより少ないお金で「賢く資産形成」することもできますし、「リスクに備える」こともできます。

将来お金に困ることなく、経済的に安定した生活を得るためのライフプランを一緒に作っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上田舞

ファイナンシャルプランナー 有資格者
BCMA認定キャリアメンター

女性のライフスタイルやキャリアプランに沿ったトータルプランニングが好評。個別コンサル、セミナー活動、女性支援活動など幅広く活躍している。

関連記事

  1. 「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏

  2. イヴァンカが指し示す女性の未来はオヤジギャル

  3. 「トランプ勝利」は「男の時代」の終わりの始まり。

  4. わが子が罪を犯したとき、母親の責任とは?

  5. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』

  6. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?

  7. 女性のキャリアを考える”美しく生きる”を選択する

  8. 若手社員の過労死を防ぐ、上司のための「電通鬼十則」。

  9. 【女性のキャリアアップ】一流とは何かを考える

人気記事

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 女性活躍推進の「見えない壁」とハイスペック女子問題
  2. 新型コロナウィルスから身を守るために
  3. 西野カナの曲は女子力を上げるのか?
  4. 神田沙也加の結婚と松田聖子の対応に見る母娘関係
  5. 「自分」について語れる女性になろう!
  6. ロール・モデルは自分で生み出せ!
  7. なぜ女は子供を産みたいと思うのか
  8. 女性の心と身体(4)50代をいかに生きるかが大切…..対談:対馬ルリ…
  9. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。
  10. なぜ女性はベッキーをもう見たくないと感じるのか

女子論

PAGE TOP