注目の記事 PICK UP!

豊田真由子氏の「このハゲーー!」発言

件の女性議員による「このハゲーー!」発言を、さして私は重要視していなくて。まったく差別的とも思わないのはなぜかなと考えていたのですが、それは、私がハゲ好きだからですね。

もしも私が「このハゲーー!」と言ったとき、それは愛情表現になってしまいます。
(もちろん私は大人なので言いませんが)

 

価値観とはそういうものです。
髪の毛がふさふさした男性を好む女性もいれば、髪の毛の多い少ないはどうでもいいと思う女性もいます。ちなみに私は、ハゲた男性をセクシーだと感じますし、そんなことより何より、男性にとって大切なのは髪の毛の多寡より頭の中身のほうが大切だと思うタイプの女です。

※この文章は豊田真由子氏の言動すべてを語るものではなく、ただ一点「このハゲーー!」だけについて語ったものです。それ以外の言動についての問題や、罵倒された元秘書男性の問題はまた別稿で語らせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 【PR】虐待児童のリアルな声を伝える本。事前購入して子どもたちを救おう。

  2. 北朝鮮が崩壊したら半島はどうなるのか、見てきた僕が考えてみた。

  3. トランプ勝利。女に支えられた男は強く、男に支えられなかった女は・・・

  4. 小池百合子人気、凋落の兆し?

  5. 「なんで怒ってるかわかる?」――女はいつも男を試す。試された男の対処法とは?

  6. 浅野ゆう子結婚で考えるバブル女子の老後

  7. 「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

  8. タイのプミポン国王のご崩御に関しての感慨

  9. 終戦の日に思う:特攻隊員たちが守ろうとしたものはなんだったのか?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 家事や育児に協力的な夫を見つける方法
  2. ルペン敗北はほんとうにフランスの良識の勝利だったのか?
  3. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。
  4. 進次郎と滝クリの結婚が残念なワケ
  5. 一度も結婚しない人と何度も結婚する人の違いとは
  6. 10歳で花嫁にされる?ーーパキスタン映画『娘よ』
  7. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』
  8. ロール・モデルは自分で生み出せ!
  9. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。
  10. 女性が活躍しないとヤバイほんとうの理由は「労働人口の減少」ではない。

女子論

PAGE TOP