注目の記事 PICK UP!

豊田真由子氏の「このハゲーー!」発言

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

件の女性議員による「このハゲーー!」発言を、さして私は重要視していなくて。まったく差別的とも思わないのはなぜかなと考えていたのですが、それは、私がハゲ好きだからですね。

もしも私が「このハゲーー!」と言ったとき、それは愛情表現になってしまいます。
(もちろん私は大人なので言いませんが)

 

価値観とはそういうものです。
髪の毛がふさふさした男性を好む女性もいれば、髪の毛の多い少ないはどうでもいいと思う女性もいます。ちなみに私は、ハゲた男性をセクシーだと感じますし、そんなことより何より、男性にとって大切なのは髪の毛の多寡より頭の中身のほうが大切だと思うタイプの女です。

※この文章は豊田真由子氏の言動すべてを語るものではなく、ただ一点「このハゲーー!」だけについて語ったものです。それ以外の言動についての問題や、罵倒された元秘書男性の問題はまた別稿で語らせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 小池百合子人気、凋落の兆し?

  2. 小池百合子マジックに三度目はあるのか?

  3. 鈴木貴子議員の妊娠を批判しているのはいったい誰なのか?

  4. ナイジェリア代表を救った高須院長の話を「美談」にできない理由

  5. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?

  6. 「歌手にだけはなってはいけない」~神田沙也加・松田聖子母娘に見る「母の呪い」を「社会」が強化する事例…

  7. 「トランプ勝利」は「男の時代」の終わりの始まり。

  8. 伊調選手のパワハラ問題に見るクソ上司と働き女子の関係性

  9. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 【森本千賀子インタビュー】女性活躍推進の時代、自由に生きたい女性はエグゼクティブ…
  2. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』
  3. 決断の早い女性、決断の遅い男性
  4. 痴漢冤罪を仕掛ける女子高生グループの実態
  5. ナイジェリア代表を救った高須院長の話を「美談」にできない理由
  6. 小池百合子氏のような、最強直感力はどうやって鍛えられるのか?
  7. ルペン敗北はほんとうにフランスの良識の勝利だったのか?
  8. ハイスペック女子はなぜ風俗で働くのか?
  9. 10歳で花嫁にされる?ーーパキスタン映画『娘よ』
  10. すべての未婚女子に告ぐ。「いい男」の見つけ方。

女子論

PAGE TOP