注目の記事 PICK UP!

女性のキャリアアップ「美しさとはどこからくるのか?」

女性フォトグラファーMihaela Noroc氏が撮影した”世界の女性”の写真から、
「美しさ」について考えたい。

これらの写真をみて、” どの女性のことを「美しい」と思うか?その理由とは? ”

1 2 3 4 56
By. Mihaela Noroc http://tabi-labo.com/232315/world-beauty/

多くの女性はこう答える。
「目力があり美しく思う」「カメラをまっすぐ見る視線がカッコ良い」「ベテランならではの経験値によるオーラが感じられる」「凛とした姿が素敵」
このような理由から、美しいと思うようだ。

この質問、企業のキャリア開発トレーニングで女性社員の方々へ数多く行ってきた。
ほとんどの方が前述のようにこたえるのだ。

ここで気づいてほしい。
美しいと感じる中に、容姿に関わることがあるか?
例えば、目がとても大きいから、あごが尖っているから、鼻が高いから、痩せていて、背が高くて、etc.

顔やボディーパーツを取り上げて美しいと答えている人はいないのだ。
*前述通りの答えを意図的に誘導しているわけではない。質問する前にあえて受講生へ、「顔のパーツや体のパーツのどこかが際立っていて美しい」と思うという例もあえて伝えての結果だ。

では、美しさとはどこからうまれるのか?

内側から、である。

姿や形が良くとも、内側が美しくなければ醜くなる。
誰もが、年齢を重ねるにつれ、内も外も磨きをかけ続けないと衰えてくる。
生き方そのものが外見に反映されるのだ。

内側から美しさをうむために必要なこと。
それは、『自分らしさの探求』

そのためには、自己理解は欠かせない。
自分は何者か、自分の大切にしていることは何か。
自己理解が十分にできている人は、ぶれない自分軸を確立している。自然体でいられる。

「どこにでも美はある。それは、化粧やお金、競争、社会的ステータスではない自分らしさからくるもの。」By. photographer Mihaela Noroc

美しさ、それは内面からうまれる。
自分らしさを確立しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大野理恵

ガールパワー専務理事
 「多様性を育み、企業と個人に活力を与える」ことをビジョンに掲げ、
2013年株式会社ウィンフィニティを設立、教育コンサルティング事業を行う。多様性を育むための、キーパーソンである女性の活躍を後押しすべく、働く女性に向けたコーチングをこれまでに1000名以上行う。社会で活躍する女性が抱える悩みに直面し、一人でも多くの女性がより豊かな人生を過ごすためにサポートを行う。2015年ガールパワーに参画、専務理事に就任。

関連記事

  1. ヴェールをかぶるのは強制か意思か

  2. 難民少女がラップで夢を叶える映画「ソニータ」

  3. 「なんで怒ってるかわかる?」――女はいつも男を試す。試された男の対処法とは?

  4. 決断の早い女性、決断の遅い男性

  5. モデルという生き方

  6. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?

  7. 成長意欲ある女性を採用できない理由とは?

  8. みなさん“恋”していますか?ミセスの恋事情。

  9. 女性「解放」論再考のすゝめ 第2回:消費するオンナ、消費されるオンナ

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 家事や育児に協力的な夫を見つける方法
  2. 「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏
  3. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?
  4. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?
  5. ”恋する心を語り尽くす”恋愛&結婚トークライブ
  6. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。
  7. 当事者が語る「LGBT理解のために杉田水脈は使える」理由
  8. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?
  9. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。
  10. 一度も結婚しない人と何度も結婚する人の違いとは

女子論

PAGE TOP