注目の記事 PICK UP!

映画『ザ・ハンティング・グラウンド』

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

原題:The Hunting Ground  製作:アメリカ(2015年)

アメリカで今、大きな社会問題となっているキャンパスでのレイプ問題に対して、実際に被害にあった女子学生らの訴えを追いかけたドキュメンタリー映画。2015年サンダース映画祭で上映されたことをきっかけに注目されCNNでも放送されている。

これはノースカロライナ大学で実際に起こった事件であり、アメリカの名門大学が経営を多額の寄付に頼っていることで事件が表面化して評判が落ちることを恐れたり、加害者が名門スポーツ部のスター選手だったりすることで事件そのものをもみ消そうとする現実を暴露した衝撃的な内容。

【スタッフ】監督・脚本/カービー・ディック
【キャスト】アンドレア・ピノ  アニー・クラーク  クレア・ポッター  メリンダ・マニング
—————————

女子学生が志望の一流大学に合格した、そんな彼女たちの喜びの声から物語ははじまります。
笑顔で「嬉しい!」、目を見開いて「信じられない!」、家族を振り返って「ほんとうに!?」。自宅のPCで合格を確認した彼女たちの歓喜の声に、笑顔の母、誇らしい父、家族それぞれの祝福が重なっていきます。素晴らしい瞬間。

ハーバード、バークレー、スタンフォード、ノートルダム、、、名門校への入学に胸躍らせ、親元を離れて寮生活を行う女性もあり、友人を作り、ともに学びともに楽しみーーーところが新入学の学生に「落とし穴」があります。
男子学生が、大学をあたかも「猟場(ハンティング・グラウンド)」としていることに気づくのは被害を受けてからです。

大学側に被害を訴えても、「ノーと言わなかったのはなぜか、合意ではないか」と彼女ら被害者に落ち度があると言わんばかりに加害者は不問に伏される。アメリカ各大学内でのレイプ被害は数年間に100〜300件を超える学校もあるが、加害者が退学等処分を受けたのは各校1桁数程度。

このまま放置すると、アメリカでは新入生が毎年10万人のレイプ被害者が出てしまう。なんとか止めなければーーーと、自身もレイプ被害を受けながら(被害を受けたからこそ)立ち上がり、レイプ被害者が軽視されたり自殺に追い込まれることのないよう、次に続く新入生に自分たちと同じ思いをさせないためにと、立ち上がる。

それまでのメディアでの報道も被害者を軽視するものが多かった。
加害者を罰せられるべきと言いつつ、「加害者の卒業時には退学にするべきだ!」とふざけた論調のテレビ番組すらあった。
背景には、レイプ加害者の多くは大学を代表するスター・アスリート選手だったり、OBから大学への寄附金額も大きい「男子倶楽部」の存在があったりと、ちらちら見え隠れするアメリカの疚しさも描かれている。被害者である彼女たちを守ろうとする学長は更迭され、警察も被害者救済に立ってくれないーーー彼女たちはあらゆる方法で政府と話し、最終的にはオバマ大統領(当時)をして、「立ち上がったサバイバー彼女たちの勇気を称える」と言わしめる。

映画を見ていて感じたのだが、彼女たちが被害に遭っているとき、苦しい気持ちを抱えているとき、見ている私は歯を食いしばり拳を握りしめていた。泣いたりできない。心の中で「ありとあらゆるものに負けるな。これ以上傷いちゃいけない」と、心の中で静かに激励しながら前のめりにスクリーンを見続けていた。
そして、彼女たちの明るい未来が見えたとき、はじめて涙が流れてきました。
一度流れはじめた涙はとめどなく流れ続ける。

本作のエンディングにレディ・ガガが歌う「Til It Happens to You(それがあなたに起きるまで)」は、本作のために書き下ろされた曲です。
ガガ自身、過去レイプ被害にあったことを2014年告白しています。

「ザ・ハンティング・グラウンド」予告編

アカデミー賞授賞式で レディ・ガガ感動のパフォーマンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 日本の「女子文化」が世界の女性を変えつつある?

  2. 三浦瑠璃はほんとうにブスなのか?

  3. 「歌手にだけはなってはいけない」~神田沙也加・松田聖子母娘に見る「母の呪い」を「社会」が強化する事例…

  4. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。

  5. AKB総選挙で結婚発表した須藤凜々花は何が問題なのか?

  6. 僕が貧困女子よりハイスペック女子支援を優先させる理由

  7. 【女性のキャリアアップ】母性は本能という神話

  8. 金子恵美議員の保育園送迎を批判するオヤジどもは全員駆逐しろ!

  9. タイのプミポン国王のご崩御に関しての感慨

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 「自分」について語れる女性になろう!
  2. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?
  3. 神田沙也加の結婚と松田聖子の対応に見る母娘関係
  4. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。
  5. 痴漢冤罪を仕掛ける女子高生グループの実態
  6. ロール・モデルは自分で生み出せ!
  7. 北朝鮮が崩壊したら半島はどうなるのか、見てきた僕が考えてみた。
  8. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?
  9. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』
  10. 平愛梨と欅坂46にみる、今どき女子の価値観の変化。

女子論

PAGE TOP