注目の記事 PICK UP!

女性が「豊田真由子議員」状態の場合の正しい対処法

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

豊田真由子衆院議員(42)から暴行を受けたとして、50代元秘書男性が埼玉県警に被害届を提出し、県警は傷害容疑などを視野に捜査を進めるようです。

うーん。。。
この件、私はあまり傷害事件としては関心がないため、事件云々ではない異なる視点から原稿として書いてみました。男性にもぜひご一読いただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 女性のキャリアアップに欠かせない”チャレンジ”とは

  2. 稲田朋美に小池百合子。女性に防衛大臣は無理ゲーなのか?

  3. 初詣「ベビーカー自粛」論争。「差別誤認」はなぜ起きたのか?

  4. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』

  5. 長谷川豊氏の発言で問われる報道の論理と人の倫理

  6. 「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

  7. 中高生がハマる昭和歌謡の変遷と女性の社会進出

  8. すべての未婚女子に告ぐ。「いい男」の見つけ方。

  9. わが子が罪を犯したとき、母親の責任とは?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?
  2. 電車で化粧はみっともない?東急電鉄広告炎上事件を考える。
  3. なぜ女は子供を産みたいと思うのか
  4. 神田沙也加の結婚と松田聖子の対応に見る母娘関係
  5. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?
  6. ITにおいて理系女子よりも文系女子が最強説?!
  7. ロール・モデルは自分で生み出せ!
  8. “女子力”という名の”呪い”を解き放て!
  9. 「歌手にだけはなってはいけない」~神田沙也加・松田聖子母娘に見る「母の呪い」を「…
  10. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。

女子論

PAGE TOP