注目の記事 PICK UP!

ビビアン・ハー来日講演 FUTURE LEADERS DESIGN LAB

ビビアン・ハーをご存知ですか。
当時9歳だった彼女は、両親が見せてくれたネパールの二人の男の子の児童奴隷の写真をみてショックを受け、奴隷解放のためのレモネード販売を開始しました。

少女の行動に心打たれた大人たちより、彼女のレモネードスタンドはツイッターで拡散されクラウドファウンディング形式で10万1,320ドルを調達します。さらに父親と共にレモネードを販売する「make a stand」を設立。売り上げの一部を奴隷解放問題に取り組む団体に寄付するSOCIAL GOODなビジネスモデルで大きく社会を変える動きを実践しています。

11月19日、13歳となった彼女の講演を東京で聞くことができます。
FUTURE LEADERS DESIGN LAB
http://futureleaders.me

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 10歳で花嫁にされる?ーーパキスタン映画『娘よ』

  2. 【PR】虐待児童のリアルな声を伝える本。事前購入して子どもたちを救おう。

  3. 仕事のできる女子は電話に出ない?

  4. ベビーカー論争と日本人の「お互い様精神」

  5. 【女性のキャリアアップ】一流とは何かを考える

  6. 秋の夜長にこそ海外ドラマ!

  7. 電通女性社員の自殺とハイスペック女子問題

  8. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。

  9. 安室奈美恵の引退に思う、女性が生き方を選ぶということ

人気記事

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 結婚志向のハイスペック女子は「逃げ恥」と「東京タラレバ娘」から何を学ぶべきか?
  2. みなさん“恋”していますか?ミセスの恋事情。
  3. なぜ女性はベッキーをもう見たくないと感じるのか
  4. 「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏
  5. 若手社員の過労死を防ぐ、上司のための「電通鬼十則」。
  6. 「愛される女性」という表現に覚える違和感
  7. ”恋する心を語り尽くす”恋愛&結婚トークライブ
  8. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。
  9. ITにおいて理系女子よりも文系女子が最強説?!
  10. 女性「解放」論再考のすゝめ 第5回: オンナがオンナを論じるとき

女子論

PAGE TOP