注目の記事 PICK UP!

ビビアン・ハー来日講演 FUTURE LEADERS DESIGN LAB

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

ビビアン・ハーをご存知ですか。
当時9歳だった彼女は、両親が見せてくれたネパールの二人の男の子の児童奴隷の写真をみてショックを受け、奴隷解放のためのレモネード販売を開始しました。

少女の行動に心打たれた大人たちより、彼女のレモネードスタンドはツイッターで拡散されクラウドファウンディング形式で10万1,320ドルを調達します。さらに父親と共にレモネードを販売する「make a stand」を設立。売り上げの一部を奴隷解放問題に取り組む団体に寄付するSOCIAL GOODなビジネスモデルで大きく社会を変える動きを実践しています。

11月19日、13歳となった彼女の講演を東京で聞くことができます。
FUTURE LEADERS DESIGN LAB
http://futureleaders.me

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 国際ガールズデーだから伝えたい「女の敵は女」にしないでほしい。

  2. 【女性のキャリアアップ】母性は本能という神話

  3. AKB総選挙で結婚発表した須藤凜々花は何が問題なのか?

  4. 鈴木貴子議員の妊娠を批判しているのはいったい誰なのか?

  5. 素敵女子がクラシック音楽を好きになるための方法。

  6. メルカリで現金「5万円」を「6万円」で買う人たちと坂口杏里のことなど

  7. 【マスコミが伝えない小池塾】4000人の一体感と小池百合子氏の魅力

  8. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?

  9. 浅野ゆう子結婚で考えるバブル女子の老後

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。
  2. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  3. 【連載:小池塾】(1)政治もビジネスも同じことだ。
  4. ナイジェリア代表を救った高須院長の話を「美談」にできない理由
  5. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?
  6. 平愛梨と欅坂46にみる、今どき女子の価値観の変化。
  7. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。
  8. 小池百合子氏のような、最強直感力はどうやって鍛えられるのか?
  9. 家事や育児に協力的な夫を見つける方法
  10. 中高生がハマる昭和歌謡の変遷と女性の社会進出

女子論

PAGE TOP