注目の記事 PICK UP!

「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今井絵理子議員の不倫疑惑はまだ解決していないどころか、これから調停や裁判となり泥沼化する気配がします。
私はいわゆる不倫とか浮気とかにあまり目くじら立てるほうではありませんがーーーでも、「一線を越えた」という古風?で奇妙な言い回しが気にかかりましたので書いておきました。

「一線を越えたかどうか」なんて、自分で言うのはちょっと恥ずかしい。

Business Journal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 僕が貧困女子よりハイスペック女子支援を優先させる理由

  2. 北朝鮮が崩壊したら半島はどうなるのか、見てきた僕が考えてみた。

  3. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?

  4. ヴェールをかぶるのは強制か意思か

  5. 女性のキャリアアップに欠かせない”チャレンジ”とは

  6. 金子恵美議員の保育園送迎を批判するオヤジどもは全員駆逐しろ!

  7. 日本の若者はなぜハロウィンに熱狂するのか?

  8. 鈴木貴子議員の妊娠を批判しているのはいったい誰なのか?

  9. 【連載・小池塾第4回」東京都知事 小池氏は、日本を改革している。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 【森本千賀子インタビュー】女性活躍推進の時代、自由に生きたい女性はエグゼクティブ…
  2. 新型コロナウィルスから身を守るために
  3. 決断の早い女性、決断の遅い男性
  4. ヤマト運輸「Amazon即日配送」撤退をめぐるCSR業界の欺瞞
  5. 「自分」について語れる女性になろう!
  6. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  7. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。
  8. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?
  9. なぜ女は子供を産みたいと思うのか
  10. 小池百合子氏のような、最強直感力はどうやって鍛えられるのか?

女子論

PAGE TOP