注目の記事 PICK UP!

「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今井絵理子議員の不倫疑惑はまだ解決していないどころか、これから調停や裁判となり泥沼化する気配がします。
私はいわゆる不倫とか浮気とかにあまり目くじら立てるほうではありませんがーーーでも、「一線を越えた」という古風?で奇妙な言い回しが気にかかりましたので書いておきました。

「一線を越えたかどうか」なんて、自分で言うのはちょっと恥ずかしい。

Business Journal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. AKB総選挙で結婚発表した須藤凜々花は何が問題なのか?

  2. 豊田真由子氏の「このハゲーー!」発言

  3. 国際ガールズデーだから伝えたい「女の敵は女」にしないでほしい。

  4. イヴァンカが指し示す女性の未来はオヤジギャル

  5. ”恋する心を語り尽くす”恋愛&結婚トークライブ

  6. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。

  7. 女性の心と身体(2)更年期は乗り越えなくても大丈夫…..対談:対馬ルリ子&勝 恵子

  8. 鈴木貴子議員の妊娠を批判しているのはいったい誰なのか?

  9. 夫はなぜ妻の話を聞かないのか、夫婦の会話は「15秒」がベストな理由。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. ITにおいて理系女子よりも文系女子が最強説?!
  2. 新型コロナウィルスから身を守るために
  3. 一度も結婚しない人と何度も結婚する人の違いとは
  4. 女性が活躍しないとヤバイほんとうの理由は「労働人口の減少」ではない。
  5. ハイスペック女子はなぜ風俗で働くのか?
  6. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』
  7. 西野カナの曲は女子力を上げるのか?
  8. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由
  9. 自分だけが持つ価値を見出す!ワタシ・ブランディングのすすめ 
  10. 大学生に告ぐ。真の職を見つけたければ就活をやめよ!

女子論

PAGE TOP