注目の記事 PICK UP!

「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今井絵理子議員の不倫疑惑はまだ解決していないどころか、これから調停や裁判となり泥沼化する気配がします。
私はいわゆる不倫とか浮気とかにあまり目くじら立てるほうではありませんがーーーでも、「一線を越えた」という古風?で奇妙な言い回しが気にかかりましたので書いておきました。

「一線を越えたかどうか」なんて、自分で言うのはちょっと恥ずかしい。

Business Journal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 国際ガールズデーだから伝えたい「女の敵は女」にしないでほしい。

  2. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。

  3. 男はなぜセクハラするのか、男の視点で考えてみた

  4. 難民少女がラップで夢を叶える映画「ソニータ」

  5. いわゆる松居一代騒動にみる「親から極端に反対された結婚は・・・

  6. 「歌手にだけはなってはいけない」~神田沙也加・松田聖子母娘に見る「母の呪い」を「社会」が強化する事例…

  7. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。

  8. 「あなそれ」視聴率、2週連続で急上昇! 仲里依紗の演技が凄い!

  9. 鈴木貴子議員の妊娠を批判しているのはいったい誰なのか?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. ヴェールをかぶるのは強制か意思か
  2. メルカリで現金「5万円」を「6万円」で買う人たちと坂口杏里のことなど
  3. 一度も結婚しない人と何度も結婚する人の違いとは
  4. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。
  5. 誰も書かない福山雅治主演「ラブソング」が爆死した本当の理由。
  6. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。
  7. “女子力”という名の”呪い”を解き放て!
  8. 電通女性社員の自殺とハイスペック女子問題
  9. 中高生がハマる昭和歌謡の変遷と女性の社会進出
  10. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。

女子論

PAGE TOP