注目の記事 PICK UP!

女性のキャリアを考える”美しく生きる”を選択する

ユニリーバ社提供の「Choose Beautiful」動画。

これを観て、何を思いますか?

「Average(平均的)」or「Beautiful(美しい)」どちらの扉を選択しますか?

どう生きるか選択権を持っているのは一体誰か。
それは「自分」です。

「Beautiful(美しい)」を選ぶことが正しいとか偉いとかではないです。

ただ、一度きりの人生、せっかくだから「美しく生きる」を選択してもいいのではないでしょうか。
誰もが選択の自由を持っています。
美しく生きるを選ぶための条件はありません。
ただ、扉を開けて一歩踏み出すだけ。

扉を開くことができない人、扉を開いたけど一歩を踏み出せない人、いると思います。
なぜ?と聞くと皆さん口を揃えて、
「自信がない」とおっしゃいます。

続けて聞きます。では、いつ自信がつくのか?どのように自信をつけるのか?
「経験をすると自信がつく」とおっしゃいます。
どの期間、何を、どのように経験すればそれがどれくらい自信になるのか?

人生は思っている以上に短いです。
自信をつけている間(経験)に目の前の扉(チャンス)が去ってしまうこともあります。
不安があるし、100%自信があるとも言えない。
でも、とりあえずその扉を開けてみる、そして一歩踏み出してみるのも経験です。
それが、自信につながるわけです。

誰もが「美しく生きる」選択肢を持っています。
せっかく女性に生まれ、選択できる環境にいるのだから、
「美しく生きる」を選択しませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大野理恵

ガールパワー専務理事
 「多様性を育み、企業と個人に活力を与える」ことをビジョンに掲げ、
2013年株式会社ウィンフィニティを設立、教育コンサルティング事業を行う。多様性を育むための、キーパーソンである女性の活躍を後押しすべく、働く女性に向けたコーチングをこれまでに1000名以上行う。社会で活躍する女性が抱える悩みに直面し、一人でも多くの女性がより豊かな人生を過ごすためにサポートを行う。2015年ガールパワーに参画、専務理事に就任。

関連記事

  1. 女子アナと女性アナウンサーはどう違うのか?

  2. なぜ女性はベッキーをもう見たくないと感じるのか

  3. 女性活躍推進のために研修すべきは女性ではなく、オヤジ世代の部長と役員だ。

  4. 「ブスな女と頭の悪い男」選ぶならどっち?

  5. リオ五輪で感じたグローバル人材育成の重要点

  6. 女性のキャリアアップに欠かせない”チャレンジ”とは

  7. わが子が罪を犯したとき、母親の責任とは?

  8. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?

  9. 僕が貧困女子よりハイスペック女子支援を優先させる理由

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。
  2. 結婚志向のハイスペック女子は「逃げ恥」と「東京タラレバ娘」から何を学ぶべきか?
  3. 米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。
  4. 【連載:小池塾】(1)政治もビジネスも同じことだ。
  5. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?
  6. 女性活躍推進の「見えない壁」とハイスペック女子問題
  7. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?
  8. 「愛される女性」という表現に覚える違和感
  9. 誰も書かない福山雅治主演「ラブソング」が爆死した本当の理由。
  10. 電通女性社員の自殺とハイスペック女子問題

女子論

PAGE TOP