注目の記事 PICK UP!

大学公開講座「女子学概論」

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

8月18日(金)〜20日(日)、3日間連続の公開講座です。
八洲学園大学(横浜)在学生だけでなく一般の方もご受講いただけます。
※インターネットのみでの受講も可。

じつは、「女性学」というものに少し違和感を覚えています。アメリカで生まれた女性学が日本へ入って来たときから、なぜか被害的な学問となり、女性はいつも被害者であり男性がいつも悪者のようになっているのではないかと感じています。

近年「女子力」がさまざまな場面で語られています。
「女性」でもなく「女」でもない「女子」は日本独自の概念でもあります。10代、20代といった若い世代だけでなく、日本では40代女子、50代女子といった言葉も見受けられます。
女性として生まれたご自身を真摯に受け止めることができるよう、また、ご自身の価値観を大切にしたうえで幸せを感じて生きられる方法を「女子学」で学んでいただくことができます。テキストの上だけでなく日常の中で活用できる講座内容です。
家族、恋愛、結婚、仕事、社会貢献、さまざまな場面で「女子」としてのパワーを活かしていきましょう。

【講座詳細と受講お申込】は、八洲学園大学にお願いします。
http://www.yashima.ac.jp/…/ext…/course/2017/04/post-507.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 「女子力」をめぐる議論と「ガールパワー」の真の意味。

  2. 決断の早い女性、決断の遅い男性

  3. 電通女性社員の自殺とハイスペック女子問題

  4. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。

  5. 「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

  6. 「歌手にだけはなってはいけない」~神田沙也加・松田聖子母娘に見る「母の呪い」を「社会」が強化する事例…

  7. 働き女子に伝える、最も重要だが誰もできていないビジネススキルとは?

  8. 【マスコミが伝えない小池塾】4000人の一体感と小池百合子氏の魅力

  9. イヴァンカが指し示す女性の未来はオヤジギャル

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. ルペン敗北はほんとうにフランスの良識の勝利だったのか?
  2. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。
  3. 結婚志向のハイスペック女子は「逃げ恥」と「東京タラレバ娘」から何を学ぶべきか?
  4. メルカリで現金「5万円」を「6万円」で買う人たちと坂口杏里のことなど
  5. 「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏
  6. 北朝鮮が崩壊したら半島はどうなるのか、見てきた僕が考えてみた。
  7. 平愛梨と欅坂46にみる、今どき女子の価値観の変化。
  8. ヤマト運輸「Amazon即日配送」撤退をめぐるCSR業界の欺瞞
  9. 女性が活躍しないとヤバイほんとうの理由は「労働人口の減少」ではない。
  10. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。

女子論

PAGE TOP