注目の記事 PICK UP!

「男は胸にしか興味がない」、それは女性の理想かも

The following two tabs change content below.
山川譲
埼玉県生まれ。シンクタンク、ウェブメディア記者、雑誌編集を経て、コピーライターとして活動。結婚は久しくしていませんが、離婚経験を買われて夫婦メディア「メオトーク」の編集長をやっています。メオトーク https://meotalk.jp/

以前、ある女性とこんなやりとりをしました。

「男なんてみんな胸にしか興味ないから」

「そんなに胸の開いた服を着ていれば“そういう人が寄ってくる”のは当たり前ですよ。僕は胸の大きさはあまり気にしませんけど……」

「あなたは男が好きなの??」

その時、僕は思いました。もしかしたら、「男は胸にしか興味がない」とはこの女性の理想なんじゃないか。なぜなら、目の前にいる僕が「違う」と言ったら「女じゃなくて男が好きな人」と捉えたから。

よくおモテになる男友達と街中でこんなやりとりをしたことがあります。

「あそこにいる二人の女の子のカップわかる?」

「うーん左の人がD、右の人はCかな」

「左は当たっているけど、右は違うな」

「なんで?」

「右の人は底上げしているってことだよ。重力があるからあの大きさであのカタチになるっておかしいから」

思わず「なるほど!」と言ってしまいましたが、彼はこうも続けました。

「素敵なおっぱいとは、誰かが考えた理想のおっぱいじゃないよ。ありのままのおっぱいだよ。理想は触れないけど、現実は触れるからね」

「……真顔で言ってるけど、アホなこと言ってるよね」

彼がなぜおモテになるのか、それは“現実”だけを見て受け入れているからなのかもしれない。彼は、男性が好きそうと思われている“女性が考える男の理想”というものに惑わされない。もし最初の、「男なんてみんな胸にしか興味ないから」と思い込んでいる女性が彼に会ったら、「本当の自分を見てくれる」と感じて惹かれるような気もします。

実は彼の話は、大学時代に付き合っていたグラフィックデザイナーの彼女が言っていた話に似ていました。当時、彼女はエッチなゲームのグラフィックを担当。職場には男性が多い。

「毎日、おっぱいのグラフィックを作ってるけど、リーダー(男)とか実物見たことないだろって思う。現実を見れば、あんなに水風船みたいなおっぱいは描かないでしょ」

「理想の世界で現実を描いても誰も買ってくれないんじゃないかな」

「だったら、世の中の男にホントのおっぱいはこれだって見せてやりたい!」

「それはやめましょう」

よくおモテになる友人とおモテにならない男性は何が違うのか。もしかしたら“理想”に惑わされているからかもしれない。世の中には“理想”がたくさん溢れている。わざわざ“現実”に目を向けなくてもいい。

ただ、そんな“理想”に惹かれたとしても、あの女性は「こいつも他の男と同じか」と自分には興味を持ってくれないような気もします。

“現実”は実際、“理想”とは世間、または自分自身の思い込み。意識的に“思い込み”から離れてみる。そんないさぎよい姿勢が、“思い込み”ではない “理想”の相手を引き寄せるかもしれません。

「男なんてみんな胸にしか興味ないから」

「胸の開いた服を着なくても、あなたは十分魅力的ですよ」

僕がおモテにならないのはこうやってホントのことを言ってしまうからでしょう。今度、よくおモテになる友人におモテになる返しの一言、振る舞いを教示してもらおうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【国際ガールズ・デー特集】愛と美の女子力

  2. ヴェールをかぶるのは強制か意思か

  3. 結婚志向のハイスペック女子は「逃げ恥」と「東京タラレバ娘」から何を学ぶべきか?

  4. 【国際ガールズ・デー特集】「女子会大好き!」な4つの理由

  5. 素敵になりたいならば投資せよ

  6. 意思表示が苦手な女子たちへ〜現代的「奥ゆかしさ」の女子力とは?

  7. 日本のガールズ・ロック最強のリズム隊は誰だ?

  8. 女性「解放」論再考のすゝめ 第5回: オンナがオンナを論じるとき

  9. ハイヒールと女子力の力関係

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 女性「解放」論再考のすゝめ 第5回: オンナがオンナを論じるとき
  2. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由
  3. “女子力”という名の”呪い”を解き放て!
  4. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?
  5. 米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。
  6. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。
  7. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?
  8. 電通女性社員の自殺とハイスペック女子問題
  9. 「自分」について語れる女性になろう!
  10. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?

女子論

PAGE TOP