注目の記事 PICK UP!

【国際ガールズ・デー特集】愛と美の女子力

The following two tabs change content below.
碧木マリア
【平和活動家・声楽家(国立音大卒)・ヒーラー】平和活動合唱団MMG代表・ヒーリングサロン花氣光代表・パーソナルトータルビューティーコーチ/Malila Brilliant Beauty Class・Girl Powerコアメンバー。

~変わらない思い~

今まで生きてきた中で最高の喜びとはなんですか?と聞かれたら、私なら0,1秒の迷いもなく、娘を出産し育てることが出来たことだと、即答するだろう。これは、たとえ私がノーベル賞をもらおうが、最高額の宝くじに当たろうが、決して変わることのない思いだ。

それは、死んでもいい覚悟を決めてまさしく命をかけて産み、つまり、万が一何か起きた時には自分よりお腹の子の命を優先させてほしいことをそれなりに伝えて出産に挑み、責任の重さと大きな学びの中で、こんなにも誠心誠意を込めて人間を最初から育てた経験は、どう考えても、これ以上無いというほどの愛に満ち満ちた24年間(現在のところ)を私にもたらしてくれたからだ。

~あのときの苦しみ~

私のお腹から出てきたばかりのへその緒のついた娘を抱いたとき、「えらかったね!よく頑張ったね!」と気が付いたら声をかけていた。それはもう、お腹の底からそう思って口を突いて出た言葉だった。

出産は激烈に痛く苦しい。私の場合は、本来なら最後に起こるはずの破水から始まってしまったために、まるで漫画のように太くて激痛を伴う注射をおしりにされるなど、未経験のことが次から次に起こり続けた。

陣痛で今まで経験したことのないほど体力を消耗したところで、いよいよ分娩段階に突入するのだが、実際はここからが本番で一番体力を使うところだ。60兆の細胞を一つ残らず使い切るほどの満身の力を30秒間くらい込め続けることを、何度繰り返したことだろう。

あと1回力んでも出てこなかったら、もう無理かもしれない・・・と思っていた最中に、この子は狭い産道で、きっとそれ以上の苦しみに耐えながら、自分でどうすることもできない状況を受け入れながら、母を信じて頑張っていたに違いないのだ。娘を見た瞬間に、そんな思いが一瞬で溢れてきて、ねぎらう言葉をかけずにはいられなかった。

ちなみに、出産直後の母親は、誰でも自然と赤ん坊をねぎらう言葉をかけるものであることを、後に何かで読んで知った。出産とは、そういうものであるらしい。

娘を前にすると、どうしようもないくらいの愛情が溢れ湧き出てくる、という感覚を味わわせてもらえたことは、母性を超えた、人としての深い愛を知った喜びに違いないと思う。

~ともに成長する女子力~

実は、正直に言うが、私は子どもの頃に随分と女子にいじめられたので、本当は女子が大嫌いだった。しかし、娘を産んだことで、それは100%覆ったのだった。こんなにも、女子は愛らしく愛おしい。

また、娘が生まれてから、2度の離婚を経験するなどして、それはそれで苦しいこともたくさんあったのだけれど、娘がいてくれたおかげで、娘を笑顔にしたいと思う一心で、勇気を振り絞りながら様々なことを乗り越えることも出来た。

なにより嬉しいことは、娘が、私以上に女子を楽しんでいることだ。
勉強ばかりしていた娘は、大学入学後に、勉強もしつつ美にも目覚めはじめ、ミス・インターナショナルの日本代表となった。それは私たちがガールパワーに参加してから起こったことであり、まさに、ガールパワーとともに、女子力を向上させていった結果だった。

毎年、ガールパワーチャリティーパーティーに参加するにあたり、今年はどんなドレスを着るか!ということで我が家では大盛り上がりとなる。
普段は、二人の間には世界平和のためのディスカッションが一番多く、生活も派手ではないのだが、むしろそんなメリハリ女子力を楽しんでいる。

娘と女子の喜びを共有する幸せは、私の女子力の源になっているのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

碧木マリア

碧木マリア

【平和活動家・声楽家(国立音大卒)・ヒーラー】平和活動合唱団MMG代表・ヒーリングサロン花氣光代表・パーソナルトータルビューティーコーチ/Malila Brilliant Beauty Class・Girl Powerコアメンバー。
平和活動合唱団MMGでは、純粋で普遍的な心と心をつなげるための世界同時大合唱を目標としていて賛同者や団員を募集中。声楽家としてもリサイタルを開いたりレッスンを展開し、また、ヒーラーとして女性の内なる開放を応援し上昇気流を作るセッションや氣光塾を主催。他に、独自のメソッドにより某世界三大ミスコンの日本代表育成に成功しパーソナルトータルビューティーコーチとしても活躍中。ガールパワーには設立時よりコアメンバーとして参加。

関連記事

  1. 10月11日「国際ガールズ・デー」に向けて大特集!

  2. 決断の早い女性、決断の遅い男性

  3. なぜ女は子供を産みたいと思うのか

  4. ミセス・ワールド世界大会に出場して見えた「日本女性の課題」

  5. 女性「解放」論再考のすゝめ 第4回: 余桃之罪(よとうのつみ)

  6. 意思表示が苦手な女子たちへ〜現代的「奥ゆかしさ」の女子力とは?

  7. 出来る女子はお化粧上手

  8. “女子力”という名の”呪い”を解き放て!

  9. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由
  2. ヴェールをかぶるのは強制か意思か
  3. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。
  4. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。
  5. 決断の早い女性、決断の遅い男性
  6. ロール・モデルは自分で生み出せ!
  7. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  8. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?
  9. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?
  10. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。

女子論

PAGE TOP