注目の記事 PICK UP!

【国際ガールズ・デー特集】「女子会大好き!」な4つの理由

一番女子でよかったなと思うときは、女子会で笑っているとき。開放的で楽しくて、あの独特な感覚は女子だけじゃないと味わえないと思う。

そんな私の個人的な女子会が好きな理由ベスト4を考えてみた。

  1. 心地よいリズム感

    なんとなく、それぞれの女子会のリズムっていうものがあると思う。
    私の女子会は、早いテンポで展開することが多かったりする。
    しっかり友人の言葉に耳を傾けながらも、自分は次に何を話そうかと考え、大きなリアクションをとりつつ、絶妙なタイミングで話に入る。
    このリズム感が心地よくて、どんどん話が盛り上がる。
    女子だからこそ生まれる謎のチームワーク、コミュニケーション力がある気がする。

  2. 何を言っても無礼講

    いつも使わないような言葉、ぎりぎりの悪口、ちょっとした秘密の話、みんなに言えない自慢話。みーんな女子会なら許される。それでも、相手を本気で傷つける悪ノリはしない。
    そんな絶妙な無言のルールが通用するのが女子会。だから言いたいことを言いたいだけ言える。

  3. みんながいれば、なにもいらない

    おしゃれなカフェ、おいしい食べ物、あったら最高だけど、でも最悪集まれればそれでいいやって思える。
    公園でコンビニのコーヒー片手にだって女子会はできる。
    一番経済的で、一番エコなストレス発散方法!

  4. 日常のミスは女子会のネタ

    毎日失敗したり、イライラしたり、落ち込んだりするけれど、女子会が始まれば全部ネタ!!
    これまでの苦しみや悲しみは全部女子会で吐き出して、みんなで笑って怒って、時には泣いて、心の痛みを全部昇華してくれる。

これからもたくさん女子会に甘えて、たのしくたくましい日々を過ごしていきたい。
Happy Girls’ Day 2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hanu

Hanu

社会人一年目の人材系営業女子。大学ではジェンダー学を学び、女性が自由に生きるための社会を目指してガールパワーユースに参加。趣味は海、旅行、ダンス。

関連記事

  1. 女性「解放」論再考のすゝめ 第2回:消費するオンナ、消費されるオンナ

  2. “女子力”という名の”呪い”を解き放て!

  3. 日本のガールズ・ロック最強のリズム隊は誰だ?

  4. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。

  5. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。

  6. 【国際ガールズ・デー】世界の女性に希望を与えるための100の方法

  7. 女性「解放」論再考のすゝめ 第4回: 余桃之罪(よとうのつみ)

  8. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。

  9. なぜ女性はベッキーをもう見たくないと感じるのか

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 10歳で花嫁にされる?ーーパキスタン映画『娘よ』
  2. ITにおいて理系女子よりも文系女子が最強説?!
  3. 米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。
  4. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?
  5. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  6. 「自分」について語れる女性になろう!
  7. メルカリで現金「5万円」を「6万円」で買う人たちと坂口杏里のことなど
  8. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?
  9. 平愛梨と欅坂46にみる、今どき女子の価値観の変化。
  10. ヴェールをかぶるのは強制か意思か

女子論

PAGE TOP