注目の記事 PICK UP!

【国際ガールズ・デー特集】「女子会大好き!」な4つの理由

一番女子でよかったなと思うときは、女子会で笑っているとき。開放的で楽しくて、あの独特な感覚は女子だけじゃないと味わえないと思う。

そんな私の個人的な女子会が好きな理由ベスト4を考えてみた。

  1. 心地よいリズム感

    なんとなく、それぞれの女子会のリズムっていうものがあると思う。
    私の女子会は、早いテンポで展開することが多かったりする。
    しっかり友人の言葉に耳を傾けながらも、自分は次に何を話そうかと考え、大きなリアクションをとりつつ、絶妙なタイミングで話に入る。
    このリズム感が心地よくて、どんどん話が盛り上がる。
    女子だからこそ生まれる謎のチームワーク、コミュニケーション力がある気がする。

  2. 何を言っても無礼講

    いつも使わないような言葉、ぎりぎりの悪口、ちょっとした秘密の話、みんなに言えない自慢話。みーんな女子会なら許される。それでも、相手を本気で傷つける悪ノリはしない。
    そんな絶妙な無言のルールが通用するのが女子会。だから言いたいことを言いたいだけ言える。

  3. みんながいれば、なにもいらない

    おしゃれなカフェ、おいしい食べ物、あったら最高だけど、でも最悪集まれればそれでいいやって思える。
    公園でコンビニのコーヒー片手にだって女子会はできる。
    一番経済的で、一番エコなストレス発散方法!

  4. 日常のミスは女子会のネタ

    毎日失敗したり、イライラしたり、落ち込んだりするけれど、女子会が始まれば全部ネタ!!
    これまでの苦しみや悲しみは全部女子会で吐き出して、みんなで笑って怒って、時には泣いて、心の痛みを全部昇華してくれる。

これからもたくさん女子会に甘えて、たのしくたくましい日々を過ごしていきたい。
Happy Girls’ Day 2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hanu

Hanu

社会人一年目の人材系営業女子。大学ではジェンダー学を学び、女性が自由に生きるための社会を目指してガールパワーユースに参加。趣味は海、旅行、ダンス。

関連記事

  1. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。

  2. 日本の「女子文化」が世界の女性を変えつつある?

  3. 女性はなぜ50代や60代になっても「女子」であり続けることができるのか?

  4. 三浦瑠璃はほんとうにブスなのか?

  5. 【国際ガールズ・デー特集】愛と美の女子力

  6. 女性「解放」論再考のすゝめ 第1回:ウーマン・リブ、フェミニズムではない「もう一つの解放」

  7. “女子力”という名の”呪い”を解き放て!

  8. Child Marriage 映画『ソニータ』

  9. 女性「解放」論再考のすゝめ 第2回:消費するオンナ、消費されるオンナ

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. ミセス・ワールド世界大会に出場して見えた「日本女性の課題」
  2. 女性「解放」論再考のすゝめ 第5回: オンナがオンナを論じるとき
  3. ナイジェリア代表を救った高須院長の話を「美談」にできない理由
  4. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  5. 女性が活躍しないとヤバイほんとうの理由は「労働人口の減少」ではない。
  6. すべての未婚女子に告ぐ。「いい男」の見つけ方。
  7. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?
  8. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。
  9. 結婚志向のハイスペック女子は「逃げ恥」と「東京タラレバ娘」から何を学ぶべきか?
  10. 「歌手にだけはなってはいけない」~神田沙也加・松田聖子母娘に見る「母の呪い」を「…

女子論

PAGE TOP