注目の記事 PICK UP!

素敵になりたいならば投資せよ

「すごくスタイルが良い!」「細くてかっこいい!」

私が女性からよく言われるセリフです。(手前味噌ですが)
率直に嬉しいです。決まって私はこう応えます。

「投資してますから!」と。

ある種ネタとしているところもありますが、
私としては理想の体型となるため「時間とお金」を費やし、自分なりに努力しているので
細くカッコ良いスタイルになっているのが当然のことなんです。
一応補足しておくと、身長163㎝ですから決してスーパーモデルさんのような長身ではないです。誇れることは割れた腹筋と体脂肪16%ということです。笑

褒め称えられ「いやいやそんなことないですよ〜〜」なんて気はさらさら起きないのです。

元AKB秋元才加が言った。「猛勉強してますから。」

とあるクイズ番組に元AKBの秋元才加がでていました。
日本語の単語を英語に変換するゲーム(”りんご”は、”apple”という具合に)に彼女が登場。
4番手の回答者として彼女が発した英語が他の方と比較しても圧倒的に流暢でした。
それを聞いたある出演者が、「秋元さん!英語の発音がうますぎる!」とヤジ。

そこで彼女は、
「猛勉強していますから。」と涼しい顔でさらっと言いのけたのです。

彼女の言動はとても共感するものであり、とても気持ちがよかったことを覚えています。
自己研鑽し続ける人、何かに努力している人は他人に褒め称えられた時に、
堂々とした返しができるものです。「有難うございます!」「そうなんです。これを続けているんです!」のようなセリフが返ってくるでしょう。

企業の投資と自己の投資は同じである

これまでにたくさんの経営者とご縁をいただいています。
自社商品に対する誇りとプライドをお持ちです。
「素晴らしいサービス・商品ですね!」と伝えると、
「そうなんですよ!弊社のサービスで最も優れている点は、、、、」と話を続ける経営者がほとんどです。というかこれまでお会いした方全員がそうでした。(笑)

自社サービスのことを、「いやいやそんなことなくて、、。まだまだなんですよ。」
正直このような反応がかえってくる会社のサービスは受けたいと思いません。

私も弊社サービスやガールパワーの活動をたくさんの方に知って欲しいですし、
自信を持ってお伝えしています。
もちろん改良点や改善点は常にありますから、そのためにリソースの投資が必要です。
リソースとは様々なことが考えられますが、基本は「お金・時間・人・情報」です。

要は、素敵・素晴らしいサービスや製品を生み出すには常に投資が必要。
それは個人でも同じことが言えます。

素敵なことやものに対して方法を聞く。「わ〜〜〜、すごい〜〜〜」で終わらせない!

素敵なことやものを褒めるときには、ぜひ色々質問することをおすすめします。
そうすると、必ず役立つことが得られます。

少し女性に多い傾向にあるのが、
女性「すごいスタイルいいですね」
私 「ジム通ってますから」
女性「わ〜〜すごいですね!」
私 「・・・」
という会話です。

褒めたことに対して、「わ〜〜〜すごい〜〜」で終わらせてしまう傾向。
それが悪いとはいいません。
ただ、素敵なことや素晴らしいことに対して、少し興味を持ったならば、
それをどう実現しているか聞いてみると自分に活かせることもあると思うのです。

経営者としては、素晴らしいサービスや製品がどのように生まれたか、どのように売っているのか、どうプロモーションしているのか、などなどやはり聞きたいのが常です。

一瞬の興味で終わらせず、具体的に聞いてみる、コミュニケーションを促進するポイントでもあります。

具体的に質問をするには、俗に言われている「5W2H」を意識するとたくさん質問できます。

What(何をやっているの?)
Who(誰から教えてもらっているの?)
Where(どこでやっているの?)
Why(なんで?なんのために?)
When(いつから?)
How (どうやって?)
How much or How many(どれくらい?)

どうやって鍛えているのか?費用はどれくらいか?どれくらいの期間か?何をモチベーションにしているのか?など


大人になればなるほど、「素敵」は自然に生み出せません。
素敵になりたいならば、積極的投資をしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大野理恵

ガールパワー専務理事
 「多様性を育み、企業と個人に活力を与える」ことをビジョンに掲げ、
2013年株式会社ウィンフィニティを設立、教育コンサルティング事業を行う。多様性を育むための、キーパーソンである女性の活躍を後押しすべく、働く女性に向けたコーチングをこれまでに1000名以上行う。社会で活躍する女性が抱える悩みに直面し、一人でも多くの女性がより豊かな人生を過ごすためにサポートを行う。2015年ガールパワーに参画、専務理事に就任。

関連記事

  1. ビビアン・ハー来日講演 FUTURE LEADERS DESIGN LAB

  2. 三船美佳さんが財産分与の申し立てをした本当の理由は?

  3. 浅野ゆう子結婚で考えるバブル女子の老後

  4. 「トランプ勝利」は「男の時代」の終わりの始まり。

  5. わが子が罪を犯したとき、母親の責任とは?

  6. 決断の早い女性、決断の遅い男性

  7. シリコンバレーの子育て事情〜学校教育編〜

  8. AKB総選挙。指原莉乃三連覇で考える、いまどき女子力とは?

  9. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由
  2. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  3. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。
  4. 米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。
  5. 神田沙也加の結婚と松田聖子の対応に見る母娘関係
  6. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』
  7. 10歳で花嫁にされる?ーーパキスタン映画『娘よ』
  8. なぜ女性はベッキーをもう見たくないと感じるのか
  9. 若手社員の過労死を防ぐ、上司のための「電通鬼十則」。
  10. 小池百合子氏のような、最強直感力はどうやって鍛えられるのか?

女子論

PAGE TOP