注目の記事 PICK UP!

日本でいちばんオシャレで素敵なチャリティ・パーティーとはなにか?【満員御礼】

The following two tabs change content below.

竹井善昭

プロデューサーGirl Power
ガールパワー・プロデューサー 株式会社ソーシャルプランニング代表取締役 マーケティング・コンサルタント メディア・プロデューサー

日本一のチャリティ・パーティーを目指して

2013年9月に設立したガールパワーは、同年10月にブルガリ銀座タワーにて設立パーティーを開催しました。

2回目からはキャパの関係で(参加希望が多くてブルガリ銀座タワーでは入りきらなくなったので)、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイに会場を移し、この9月9日金曜日に第四回目となるチャリティ・パーティーを開催します。

この間、一貫して追及してきたのは「日本でいちばん、オシャレで素敵なチャリティ・パーティーとはなにか?」ということです。

オシャレでゴージャスなパーティーは日本でもいくつも開催されています。

また、外資系NGOが主催するチャリティ・ガラと呼ばれるパーティーも、素敵でオシャレです。

僕の何度か招かれて、いくつかのNGOのチャリティ・ガラに参加しましたが、一晩で数千万円、団体によっては1億円を超える寄附を集めるそれらのパーティーは、ほんとうにセレブ感溢れる、クラクラするような世界です。

最初に参加した時は、外国の雑誌でしかみたことがない雰囲気、空気感のチャリティ・パーティーが、日本でも開催されていたのかとカルチャー・ショックを受けたものです。

そして、国産NPOやNGOも、こんなパーティーを開催できるようになればいいなと思いました。

ただ、そのいっぽうで、外資系NGOが開催するチャリティ・ガラは、あまりに欧米テイストで、日本人にはちょっと敷居が高い。欧米のパーティーに慣れた人ならよいのでしょうが、日本人にはもう少し違った空気感のものが必要ではないかとも感じていました。

ガールパワーのチャリティ・パーティーは、その答えを見つけるための道のりでもありました。

海上の船艇からアトラクションなどの演出、お招きするゲストなど、毎回、毎回、「日本一のチャリティ・パーティーとはなにか?」ということを問いながら続けてきました。

「日本一、オシャレ」とか「日本一、豪華」ということであれば、答えは簡単です。

しかし、「日本一のチャリティ・パーティー」という問いに対する答えは難しい。

単に豪華であれば良い、オシャレであれば良いというわけにはいきません。

ただ、ガールパワーは女性支援団体です。

そこにポイントがあると考えています。

それは、単に女性のお客様に楽しんでもらえればOKということではありません。

単なるパーティーではなく、NGOが主催するチャリティ・パーティーには、やはりそれなりの「意味」が求められるのです。

では、ガールパワーの場合、それはなにか?

女性には世界を変える力がある。
そのことを実感できるガールパワーのパーティー。

ガールパワーが目指すべきチャリティ・パーティー、あるべき姿というのは、やはり参加いただいた女性のお客様、ひとりひとりが「Girl Power」を感じていただく。

最近も、あのヴィクトリア・ベッカムが「大事なのはガールパワー」と発言しましたが、そういうった意味でのGirl Powerです。

そして、男性のお客様には、そのような「Girl Powerな女子」をリスペクトし、応援することに喜びを感じていただく。

それが、ガールパワーが目指すべきチャリティ・パーティーの在り方だと考えます。

チャリティ・パーティーですから寄附も集めます。

インドの少女の衛生教育と生理用パッドの提供を行う「Happy Pad Project」のための寄附です。

昨年はラッフルを実施しました。今年はオークションを予定しています。

そのような寄附集めも大事。

お客様に楽しんでいただく、さまざまな演出も大事。

しかし、もっとも大事なことは、やはりガールパワー。

参加したお客様が、「いま、ここにいる」というそのことで、Girl Powerを感じていただく。

それが、ガールパワーが目指すべきチャリティ・パーティーの在り方だと思います。

「Girl Powerな女子が集まって、世界のためになにかをする」

あるいは、男性のお客様には「そんな女性をリスペクトできる自分を誇りに思う」。

お客様にそう感じ取っていただけることが、ガールパワーのチャリティ・パーティーであるべきだと考えています。

それを実現するのはやはり「人」。

おかげさまで、ガールパワーのパーティーには毎年、多くの素敵女子が参加してくれています。

今年は例年以上に全国各地から、ガールパワー溢れる女子が参加予定。

例年以上の盛り上がりが期待されています。

女性には社会を変える力がある。

そう実感できるパーティーになると思います。

9月9日はぜひ参加して、そのことを実感してください。

パーティー概要

日時●2016年9月9日(金)
19:00~21:30(18:30開場)

場所●ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 5Fウィラード
東京都港区海岸1-16-2

内容●
Girl Power活動報告
(挨拶:安倍昭恵氏)
(乾杯挨拶:オスマン・サンコン氏)
チャリティ・オークション
歌などパフォーマンス
(総合司会:勝 恵子氏)

服装●男性はジャケット着用
女性はおしゃれにドレスアップ(ホテル内に更衣室あります)

参加費●男性15,000円 女性11,000円
(Girl Powerメンバーは男女とも割引参加いただけます)

お申込●(満員御礼につき申込みは締め切りました)

8月25日追記:おかげさまで満員御礼。申込みは締め切りました。

2016年のガールパワー・チャリティ・パーティーはおかげさまで満員御礼となり、申し込みは締め切りました。

ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹井善昭

CSRコンサルタント、マーケティング・コンサルタント、メディア・プロデューサー。一般社団法人日本女子力推進事業団(ガール・パワー)プロデューサー。

ダイヤモンド・オンラインにて「社会貢献でメシを食うNEXT」連載中。
http://diamond.jp/category/s-social_consumer
◇著書◇「社会貢献でメシを食う」「ジャパニーズ・スピリッツの開国力」(共にダイヤモンド社)。 ◇翻訳書◇「最高の自分が見つかる授業」(Dr.ジョン・ディマティーニ著、フォレスト出版刊)

関連記事

  1. 安室奈美恵の引退に思う、女性が生き方を選ぶということ

  2. ”恋する心を語り尽くす”恋愛&結婚トークライブ

  3. 美しい笑顔でプロフィール写真を撮影する

  4. 3月8日は「国際女性デー」

  5. 10月11日は「国際ガールズ・デー」。世界の少女を応援しよう!

  6. 終戦の日に思う:特攻隊員たちが守ろうとしたものはなんだったのか?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. すべての未婚女子に告ぐ。「いい男」の見つけ方。
  2. なぜ女性はベッキーをもう見たくないと感じるのか
  3. 痴漢冤罪を仕掛ける女子高生グループの実態
  4. なぜ女は子供を産みたいと思うのか
  5. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。
  6. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。
  7. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。
  8. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由
  9. メルカリで現金「5万円」を「6万円」で買う人たちと坂口杏里のことなど
  10. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?

女子論

PAGE TOP