注目の記事 PICK UP!

女性のキャリアアップに欠かせない”チャレンジ”とは

先日、関西ゴルフでの話。
ゴルフを始めてもうすぐ1年になりますが、人生初『バーディー』をとりました!

最終ホールでとったバーディーはとても気持ち良いものでした。
(普段パーさえとれないのに偶然的にバーディーとっちゃいました 笑)
後日、バーディーの余韻に浸りながら、「なぜバーディーがとれたのだろう?」ふと思ったわけです。

golf
私が思うには、前のホールで決断し行った自分なりの前向きなチャレンジにあるのでは?と考えました。前ホール3打目、池を越えればグリーン手前というショット。

ここでは2つの選択肢がありました。
1. 刻み、池越えしない(池ポチャ回避)
2. 池越え狙い(当たれば届く距離だから)*ミートしないと池ポチャ可能性大

ちなみにですが、このショット前の2打目というと、ボールに当たらず、コロコロっとボールが1M先に転がる、ということをしでかしています。
にもかかわらず、「チャレンジ精神」に火がついた私は「2」を選択したわけです!

結果、ボールはそのまま池へGO!
しっかりミートしたものの狙いのコースにいかず、残念ながらボールを失いました。
「清いチャレンジ」。私の気分は晴れ晴れしており、次へと気持ちを切り替えました。
その後、予想もしていなかったバーディーホールへつながることになったのです。

ここで改めて感じたこと。
「チャレンジってやはり健康的であり爽快である」
何よりも、その先に自分自身が想像していない世界が見られるのだと。

女性向けキャリア研修を実施し、
”これから組織の中で築き上げるキャリアの方向性”を伺うと、
・横のキャリア(職域拡大をしたい 事務職から営業職へ) 4割
・センターのキャリア(ある領域での専門性を高めて影響力を高めたい) 5割
・縦のキャリア(職位を上げることをしたい)        1割(良くて2割、0の場合もある)
おおよそこのような結果となります。

キャリアの築き方は人それぞれ。
チャレンジする、その先の新たな世界を見てみたいと思いませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大野理恵

ガールパワー専務理事
 「多様性を育み、企業と個人に活力を与える」ことをビジョンに掲げ、
2013年株式会社ウィンフィニティを設立、教育コンサルティング事業を行う。多様性を育むための、キーパーソンである女性の活躍を後押しすべく、働く女性に向けたコーチングをこれまでに1000名以上行う。社会で活躍する女性が抱える悩みに直面し、一人でも多くの女性がより豊かな人生を過ごすためにサポートを行う。2015年ガールパワーに参画、専務理事に就任。

関連記事

  1. 長谷川豊氏の発言で問われる報道の論理と人の倫理

  2. 女子力のあがるレストランへ行こう!ビストロ編〜中目黒エリア〜

  3. モデルという生き方

  4. 「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

  5. 夫はなぜ妻の話を聞かないのか、夫婦の会話は「15秒」がベストな理由。

  6. 女性のキャリアを考える”美しく生きる”を選択する

  7. いわゆる松居一代騒動にみる「親から極端に反対された結婚は・・・

  8. リオ五輪で感じたグローバル人材育成の重要点

  9. 浅野ゆう子結婚で考えるバブル女子の老後

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 当事者が語る「LGBT理解のために杉田水脈は使える」理由
  2. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。
  3. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。
  4. 家事や育児に協力的な夫を見つける方法
  5. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由
  6. 思考は現実化しないし、引き寄せの法則は機能しない
  7. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?
  8. ITにおいて理系女子よりも文系女子が最強説?!
  9. みなさん“恋”していますか?ミセスの恋事情。
  10. 神田沙也加の結婚と松田聖子の対応に見る母娘関係

女子論

PAGE TOP