注目の記事 PICK UP!

国際ガールズデーだから伝えたい「女の敵は女」にしないでほしい。

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今日は、国際ガールズデーです。

「国際ガールズデー」「国際女性デー」いずれも国連の定めによるものです。
6年前に定められた「国際ガールズデー」も、40年以上前に定められた「国際女性デー」もあまり認知されていません。

それはさておき、だからこそ、ちょっとだけ言っておきたいことがあります。

ときどき、ほんとうに時々ですが、ごくたまに思うことがあります。
「女のひとって怖いなあ」と。

女性は、いわゆる「小顔」が好きみたいで、写真を撮るその瞬間に、同列に並んでいる女性たちから一瞬すっと顔を後ろに引くことがあります。
それはまあ、カワイイなあと思います。そこまでして小顔に映りたいなら勝手にすればいいよね、という感じですね。

私が「女のひとって怖いなあ」と感じるのは、そこではありません。

例えば、たくさんの人が集まって写真を撮るときがありますよね。たくさんの人の中でたまたま「2人の女性」が映っている写真を、それぞれの女性(女性Aと女性Bとしましょう)が、FacebookやInstagramでアップなさるときーーー

女性Aは、女性Bのウエストが太く見えて、女性Aの足が美しく映っている写真をアップなさっていて、
女性Bは、女性Aの足のかたちが変な感じで、女性Bのウエストが細く見える写真をアップしていらっしゃいます。

しかも彼女ら(女性AはBに対して、女性BはAに対して)、
人前では同じことをおっしゃいます。
「私たちすごく仲良しなの。彼女ってすごく美人でしょ」
と、おっしゃっている。おっしゃっておる。

怖いなあ。

だからこその「国際ガールズデー」かな。

男の人が女の人を守るのは当然のこととして、
お願いだから、「女の敵は女」にしてほしくないんです。
心からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 金子恵美議員の保育園送迎問題に見る「お母さん幻想」と「母の呪い」

  2. 小池百合子人気、凋落の兆し?

  3. 男はなぜセクハラするのか、男の視点で考えてみた

  4. ヴェールをかぶるのは強制か意思か

  5. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。

  6. 日本の若者はなぜハロウィンに熱狂するのか?

  7. すべての未婚女子に告ぐ。「いい男」の見つけ方。

  8. ミセス・ワールド世界大会に出場して見えた「日本女性の課題」

  9. NYで勝負する日本人クリエーターに学ぶ、世界との戦い方

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?
  2. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。
  3. 米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。
  4. 女性が活躍しないとヤバイほんとうの理由は「労働人口の減少」ではない。
  5. ヴェールをかぶるのは強制か意思か
  6. “女子力”という名の”呪い”を解き放て!
  7. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?
  8. ヤマト運輸「Amazon即日配送」撤退をめぐるCSR業界の欺瞞
  9. 平愛梨と欅坂46にみる、今どき女子の価値観の変化。
  10. ミセス・ワールド世界大会に出場して見えた「日本女性の課題」

女子論

PAGE TOP