注目の記事 PICK UP!

「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今井絵理子議員の不倫疑惑はまだ解決していないどころか、これから調停や裁判となり泥沼化する気配がします。
私はいわゆる不倫とか浮気とかにあまり目くじら立てるほうではありませんがーーーでも、「一線を越えた」という古風?で奇妙な言い回しが気にかかりましたので書いておきました。

「一線を越えたかどうか」なんて、自分で言うのはちょっと恥ずかしい。

Business Journal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. なぜ女は子供を産みたいと思うのか

  2. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?

  3. 終戦の日に思う:特攻隊員たちが守ろうとしたものはなんだったのか?

  4. 思考は現実化しないし、引き寄せの法則は機能しない

  5. 浅野ゆう子結婚で考えるバブル女子の老後

  6. 「なんで怒ってるかわかる?」――女はいつも男を試す。試された男の対処法とは?

  7. わが子が罪を犯したとき、母親の責任とは?

  8. タイのプミポン国王のご崩御に関しての感慨

  9. 金子恵美議員の保育園送迎問題に見る「お母さん幻想」と「母の呪い」

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. ロンブー田村淳「学歴よりも人間力を」は正論なのか?
  2. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。
  3. 決断の早い女性、決断の遅い男性
  4. ヴェールをかぶるのは強制か意思か
  5. 「大人の恋」の難しさ:渡辺謙氏
  6. 若手社員の過労死を防ぐ、上司のための「電通鬼十則」。
  7. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由
  8. 米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。
  9. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。
  10. ルペン敗北はほんとうにフランスの良識の勝利だったのか?

女子論

PAGE TOP