注目の記事 PICK UP!

「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今井絵理子議員の不倫疑惑はまだ解決していないどころか、これから調停や裁判となり泥沼化する気配がします。
私はいわゆる不倫とか浮気とかにあまり目くじら立てるほうではありませんがーーーでも、「一線を越えた」という古風?で奇妙な言い回しが気にかかりましたので書いておきました。

「一線を越えたかどうか」なんて、自分で言うのはちょっと恥ずかしい。

Business Journal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 平愛梨と欅坂46にみる、今どき女子の価値観の変化。

  2. 終戦の日に思う:特攻隊員たちが守ろうとしたものはなんだったのか?

  3. 大学公開講座「女子学概論」

  4. 思考は現実化しないし、引き寄せの法則は機能しない

  5. AKB総選挙。指原莉乃三連覇で考える、いまどき女子力とは?

  6. 僕が貧困女子よりハイスペック女子支援を優先させる理由

  7. トランプ勝利。女に支えられた男は強く、男に支えられなかった女は・・・

  8. 国際ガールズデーだから伝えたい「女の敵は女」にしないでほしい。

  9. クリスマスの夜だから、聞きたいあの曲、見たいあの映画

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 当事者が語る「LGBT理解のために杉田水脈は使える」理由
  2. 「自分」について語れる女性になろう!
  3. ヴェールをかぶるのは強制か意思か
  4. 女性「解放」論再考のすゝめ 第5回: オンナがオンナを論じるとき
  5. 誰も書かない福山雅治主演「ラブソング」が爆死した本当の理由。
  6. 大学生に告ぐ。真の職を見つけたければ就活をやめよ!
  7. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。
  8. 電通女性社員の自殺とハイスペック女子問題
  9. 小泉今日子も批判するアンチ・エイジング。その理由とは?
  10. 電車で化粧はみっともない?東急電鉄広告炎上事件を考える。

女子論

PAGE TOP