注目の記事 PICK UP!

「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今井絵理子議員の不倫疑惑はまだ解決していないどころか、これから調停や裁判となり泥沼化する気配がします。
私はいわゆる不倫とか浮気とかにあまり目くじら立てるほうではありませんがーーーでも、「一線を越えた」という古風?で奇妙な言い回しが気にかかりましたので書いておきました。

「一線を越えたかどうか」なんて、自分で言うのはちょっと恥ずかしい。

Business Journal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. 台湾の同性婚合法化審議と仏パックスと日本の現状

  2. 痴漢冤罪を仕掛ける女子高生グループの実態

  3. 女性が「豊田真由子議員」状態の場合の正しい対処法

  4. 女性のキャリアアップに必要な「セルフリーダーシップの力」

  5. 女性が活躍すると不倫は増える? 山尾議員のダブル不倫疑惑に思うこと

  6. モデルという生き方

  7. 夫はなぜ妻の話を聞かないのか、夫婦の会話は「15秒」がベストな理由。

  8. 「なんで怒ってるかわかる?」――女はいつも男を試す。試された男の対処法とは?

  9. わが子が罪を犯したとき、母親の責任とは?

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』
  2. 小池百合子氏のような、最強直感力はどうやって鍛えられるのか?
  3. 「女性活躍推進」は無理ゲーなのか?
  4. ヤマト運輸「Amazon即日配送」撤退をめぐるCSR業界の欺瞞
  5. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。
  6. 痴漢冤罪を仕掛ける女子高生グループの実態
  7. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  8. 【連載:小池塾】(1)政治もビジネスも同じことだ。
  9. 海外に来て思う日本が目指す本当のお・も・て・な・しとは?
  10. ハイヒールと女子力の力関係

女子論

PAGE TOP