注目の記事 PICK UP!

「一線を越えたかどうか」ジャッジするのは今井絵理子議員本人ではないでしょ?

The following two tabs change content below.
池内ひろ美
ガールパワー代表理事 夫婦・家族問題評論家 家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)

今井絵理子議員の不倫疑惑はまだ解決していないどころか、これから調停や裁判となり泥沼化する気配がします。
私はいわゆる不倫とか浮気とかにあまり目くじら立てるほうではありませんがーーーでも、「一線を越えた」という古風?で奇妙な言い回しが気にかかりましたので書いておきました。

「一線を越えたかどうか」なんて、自分で言うのはちょっと恥ずかしい。

Business Journal

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池内ひろ美

池内ひろ美

1961年生まれ。夫婦・家族問題評論家。家族問題コンサルタント。日本ペンクラブ会員。八洲学園大学教授(女子学・家族論)。
一般社団法人日本女子力推進事業団(Girl Power)代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。一般社団法人全国危機管理推進事業団理事。一般社団法人国際教養振興協会顧問。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

■著作
『とりあえず結婚するという生き方』ヨシモトブックス
『大好きな彼に選ばれるための25の法則』スターツ出版
『結婚の学校』幻冬舎
『妻の浮気』新潮新書
『良妻賢母』PHP新書ほか(31作品)

関連記事

  1. NYで勝負する日本人クリエーターに学ぶ、世界との戦い方

  2. 稲田朋美に小池百合子。女性に防衛大臣は無理ゲーなのか?

  3. 男はなぜセクハラするのか、男の視点で考えてみた

  4. 「トランプ勝利」は「男の時代」の終わりの始まり。

  5. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。

  6. スマホアプリで婚姻・離婚届を購入するわけは?

  7. ロール・モデルは自分で生み出せ!

  8. 日本の若者はなぜハロウィンに熱狂するのか?

  9. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 「女子力」をめぐる議論と「ガールパワー」の真の意味。
  2. 「自分」について語れる女性になろう!
  3. 中高生がハマる昭和歌謡の変遷と女性の社会進出
  4. 【森友学園問題】忖度こそ民主主義の本質である。
  5. 「働き方改革」は「貧しさを分かち合う政策」なのか?
  6. ロール・モデルは自分で生み出せ!
  7. 「愛される女性」という表現に覚える違和感
  8. 電通社長辞任。直属上司は書類送検だが、ハイスペック女子問題は蚊帳の外。
  9. 千葉大の医師が集団強姦容疑で逮捕。男はなぜ強姦するのかを、男目線で考えてみた。
  10. ルペン敗北はほんとうにフランスの良識の勝利だったのか?

女子論

PAGE TOP