注目の記事 PICK UP!

米大統領選で見えた、インスタグラムが世界を変える力。

The following two tabs change content below.
西側愛弓

西側愛弓

ガールパワー神戸支部。神戸女学院大学4年生。学業の傍ら、海外を旅してストリートファッションを撮影し年に一度『Charmer』という写真集を発刊している。またフィリピンの貧困地域に暮らす子ども達がモデルになるファッションショーを開催する団体、『DEAR ME』を昨年に立ち上げ代表を務める。

インスタグラムから見えてくるアメリカ大統領選の別の姿。

今回のアメリカ大統領選。トランプ氏の勝利に終わったが、次代を担う若者たちはどう反応していたか。インスタグラムを見れば、それがわかる。

トランプもヒラリーもインスタグラムのアカウントを所有し(トランプ:@realdonaldtrump、ヒラリー:@hillaryclinton)、選挙運動中は二人ともインスタグラムを頻繁に更新し、自分の意思を発信していた。

そしてハリウッド・スターや海外セレブたちもインスタグラムで、自分自身が支持する候補者の応援投稿をし、このハリウッド・スターたちに便乗するように、アメリカ国民もインスタグラムで自分がが支持する候補者の応援の投稿をするようになっていった。

そんなハリウッド・スターたちをはじめ、アメリカの多くのインスタユーザーたちの間で圧倒的に人気があったのは、残念ながらも敗れたヒラリーだったのだ。

実際に、世界の歌姫レディー・ガガは自信のインスタグラムのプロフィール名を#VoteHillaryと変えたほど。

insta02

他にも女優のクロエ・グレース・モレッツや歌手のマイリー・サイラスなど、多くのスターたちは精力的にヒラリーをインスタグラムからも応援し、彼女を応援するさまざまな投稿を長期にわたって行っていた。

そして、”#imwithher””#voteher”と、投稿する際にこれらのハッシュタグを入れてヒラリーを支持する声をあげていたのだ。

特に”#imwithher”のハッシュタグは、インスタグラムで検索をかけてみると約140万件の投稿があったことが分かる。

insta01

いっぽう、トランプは自身も”#MakeAmericanGreatAgain”とハッシュタグをつけてインスタグラム投稿をし、トランプ支持者たちも、このハッシュタグをつけて彼を応援する投稿を下が、合計でこのハッシュタグ投稿は約87万件ほどだった。

結果はトランプ氏が大統領に選ばれたが、インスタグラムのみ焦点を当てると、圧倒的にヒラリーの方がインスタユーザーから支持をされていたことがわかる。

現在、全世界にインスタグラムのユーザーは5億人と言われており、またユーザーは主に20代の若者が多い。

そして、実際に大統領選で、18歳から25歳までの若者の間ではヒラリーが圧倒的に投票を獲得している。

insta03

ハリウッド・スターをはじめ、多くの著名人がヒラリーの支持をインスタグラムを通して発信したことが、アンダー25のインスタグラム・ヘビーユーザー世代へのヒラリー人気とつながり、さらにハッシュタグを入れて彼女を応援するようになっていったのだ。
今回の大統領選では、トランプ氏がツイッターを最大限に活用、それが勝利の一員となったとも言われる。しかし、次回の大統領選では、インスタグラムの活用が勝敗を決めるようになるのかもしれない。いずれにせよ、SNSを通して政治の在り方も変化していくのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スマホアプリで婚姻・離婚届を購入するわけは?

  2. 初詣「ベビーカー自粛」論争。「差別誤認」はなぜ起きたのか?

  3. 豊田真由子氏の「このハゲーー!」発言

  4. タイのプミポン国王のご崩御に関しての感慨

  5. 【連載・小池塾第4回」東京都知事 小池氏は、日本を改革している。

  6. 【マスコミが伝えない小池塾】4000人の一体感と小池百合子氏の魅力

  7. トランプ勝利。女に支えられた男は強く、男に支えられなかった女は・・・

  8. 「トランプ勝利」を6月の時点で予測できていた理由

  9. 「トランプ勝利」は「男の時代」の終わりの始まり。

人気記事

人気記事(歴代)

Girl Powerを無料で支援!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

無料でガールパワーをサポート!

ガールパワーをご支援ください。無料のメルマガに登録して購読するだけで支援になります。

登録はこちらの登録フォームから

最近の記事

ピックアップ記事

  1. みなさん“恋”していますか?ミセスの恋事情。
  2. 平愛梨の関白宣言理想論の問題は、問題視しすぎるあなたかも。
  3. 内巻き女子の浸食で感じる、外巻き女子の「違和感」。
  4. 北朝鮮が崩壊したら半島はどうなるのか、見てきた僕が考えてみた。
  5. 映画『ザ・ハンティング・グラウンド』
  6. なぜ女性はベッキーをもう見たくないと感じるのか
  7. 電車で化粧はみっともない?東急電鉄広告炎上事件を考える。
  8. 大学生に告ぐ。真の職を見つけたければ就活をやめよ!
  9. 女性活躍推進の「見えない壁」とハイスペック女子問題
  10. 【国際ガールズ・デー特集】女性が自由に生きる街・シンガポールの「当たり前」。

女子論

PAGE TOP